忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近、本屋さんでヨガやリンパマッサージなどと並んで、自力整体関連の本を見かけますよね。

「自力整体」とは、読んで字のごとく「自分の力」で身体の歪みを整えて自然治癒エネルギーを引き出す方法です。
また、自力整体は整体だけにとどまらず、「整食法」と「整心法」という2つのケアも同時におこなっていくと、より高い効果が得られます。

では「自力整体」とは、具体的にどんなことをするのでしょう?

まず、整体部門です。
ゆったりした呼吸を意識し、力を脱いて、自分の体のどこが凝っているか、滞りがあるかを感じられるように意識を集中させます。
そして凝り固まっていると感じたところを、自分の体重をうまく利用して身体を揺すりながらほぐし老廃物の排出を促します。
実際には、ヨガとストレッチとツボ押しをセットにしたような感じです。
ヨガほど呼吸やポーズにはとらわれず、自分の「きもちいい」という感覚に素直に応えながら筋肉をほぐしていきます。
直接骨に働きかけることなく、筋肉をほぐしていくことで身体のバランスを整えていくのですね。

次に整食部門です。
かなり厳格に食事制限しているものから、好きなものを食べていい、というものまで幅広くありますが、共通しているのは、睡眠の前後5?6時間は何も食べないということです。
胃に物が入っていると、内臓は消化に働きを集中させるのでフル稼働します。
逆に空腹時は内臓がお休みできるので、排泄に働きを集中できる、という考え方です。
空腹の状態で眠って体内の老廃物をかき集め、起床後しばらく空腹の状態を保つことでかき集められた老廃物を便として排泄する作業をおこなうのです。

最後に整心部門です。
精神面なので説明が難しいですが、普段の生活の中で幸せや感動を実感するようにするという感じです。
何気ない毎日でも、視点を変えれば幸せや感動のもとはたくさん転がっています。
空が真っ青だったり、紅葉がきれいだったり。
当たり前だと思っていることでも、自分や家族が健康だったり、周りに仲間がいたり。
それだけでも十分幸せなことです。
そういうことに気づくことで心の凝りをほぐしていきましょう、ということです。

 

ペアネックレス
PR
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 整体で身体を矯正 All Rights Reserved